◎ベストの指針を実践した体験談
○ベストの指針の「三つの良い努力」を実践して

ベストの指針の三つの良い努力に取り組ませて頂きました。
一年前に介護の仕事に転職しました。慣れない仕事の為、精神的にも肉体的にもつらい事が多く
先輩の方との人間関係もうまくいっておりませんでした。
ベストの指針の中から「三つの良い努力」
 1「感謝の出来る人間になる」
 2「プラス思考の人間になる」
 3「損得なしで社会や人々のお役に立てる人間になる」の実践に努めました。

すると職員の中に優しく接して下さる方が増えてきて、きつく当たる先輩も優しく接して
くれるようになりました。また、利用者の皆さんへの感謝も深まってきて、職場が明るくなって
きました。有り難いことにパートの契約から準職員にならせて頂くことにもなり、今では希望を
持って働かせて頂いております。
これからもベストの指針の実践に努めさせて頂きます。有り難うございました。

岩手・奥州交流会 40代 女性
----------------------------------------------------------------------------------

○ベストの指針の「人の悪口を言わない」を実践して

ベストの指針の中の「心から人にやさしく話し接する」「人の悪口を言わない」を実践しました。
新しい職場になり、人間関係の悩みが多かったのですが、相手の方に優しく話し、悪口などの
マイナスな会話に加わらない様にしたところ、少しずつ気持ちが穏やかになり、周りの方との人間関
係がスムーズになりました。有り難うございました。
これからもベストの指針を実践していきます。

宮城・仙台交流会 30代 女性
----------------------------------------------------------------------------------

○ベストの指針の「全てに感謝」を実践して

ベストの指針『全てに感謝』に取り組んでおります。
人間が生きていく中で、「幸せと苦しみ」は、波のように繰り返し押し寄せます。
そのように教えて頂き、理解をしております。
このような喜怒哀楽(自然災害など)の全てを肯定的(プラス思考)に捉えて行くことの難しさ、
その大事さに気付かせて頂きました。
地域の方々や家庭生活の中でも、お互いがねぎらい、感謝の気持ちが深まるようになりました。
これからも、ベストの指針を実践させて頂きます。有り難うございました。

宮城・仙台交流会 70代 男性
----------------------------------------------------------------------------------

○ベストの指針の「父母への感謝」を実践して
ベストの指針の「父母への感謝」「人の長所を見る」を取り組ませて頂きました。
毎日ノートに両親の良いところ、そして自分の良いところを書きました。最初はなかなか良い所が
思い浮かばなくて、書くことに時間がかかりましたが、だんだんに見つける事が出来るように
なりました。
両親の良いところを見ていくと、自分が元気になって来るようになり、どんな親であっても、
産み育ててくれたことに感謝しようという気持ちが出てきました。
すると両親も一人の人間であり、命の存在なのだと思えるようになり、両親へのイライラが
少なくなり、両親を見て落ち込む事も少なくなりました。両親にしてもらって当然
と思っていた自分の心の貧しさに気付かせていただきました。
これからもベストの指針の実践をさせていただきます。有り難うございました。

青森・南部交流会 30代 女性
----------------------------------------------------------------------------------


トップページに戻る