1. ベストグループ東北地区会員ホームページ > 
  2. ベストグループ見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」一覧ページ

ベストグループ見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」一覧ページ

  • 2015年(平成27年)9月21日 ベストグループ東北地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。皆、幸せになりたいと思って一生懸命に生きています。不幸を願っている人は誰もいないのです。ただ、幸せになる方法を知っていないだけなのです。幸せになる方法が分からないのです。

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)9月21日 ベストグループ東北地区見聞会 ②

    家族、兄弟の不仲は多くの家庭で見られます。しかし、世の中のことから比べたら、大した問題ではないと思います。世界で今、苦しんでいる人達に比べると、あなた方の悩みは小さいと思います。 私の今までの悩みも小さいものだったと思います。事業家時代、四十一歳の時に会社が潰れかけて、数十億円の会社のお金を無くし、何千名も働いて下さる方々が辞めていくことを経験しました。その中から立ち上がる苦しさは並ではありませんでした。しかし、本当に良い勉強をさせて頂きました。

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)9月21日 ベストグループ東北地区見聞会 ③

    私は二十七歳の時からずっと事業をさせて頂いていますので、よく分かるのです。自分の人格が素晴らしい時は、何千名もの方が働いて下さいました。しかし自分の人格が優れない時は、人が離れていきました。自分の人格が素晴らしかった時は、人が支えて下さいました。お金を求めていないのに、たくさんご利益を得させて下さいました。反対に人が離れると、お金まで無くなっていきました。私はどちらも経験しているのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)3月12日 ベストグループ東北地区見聞会①

    皆様、おはようございます。私は何をやっても成功する人生を歩ませて頂きました。仕事でも、訪問販売業では日本一の社長を四年間だけさせて頂きました。売上を伸ばすのではなく、人財をお育てする会社を作らせて頂きました。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)3月12日 ベストグループ東北地区見聞会②

    事業家時代、私は立派な人財をお育てする努力をしてきました。一人から始めた会社が、一年で千名以上働いて下さり、二年目で二千五百名を突破しました。たった四年で五千四百名の方をお育てする会社になりました。ですから、何かしら魅力があったのでしょう。魅力がなければ人は集まりません。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)3月12日 ベストグループ東北地区見聞会③

    日本の道徳の指導要領にも「自他の生命を尊重する」と書いてありますが、日本には命について説明ができる方がいないのです。だから、命は限りのある葉っぱのようなもので、体と同じように無くなるのだと思っておられる方が多いのです。 体が無くなっても、命は永遠で無限なる存在、不変なる存在です。だから、命の存在を学び出すと、悩み、苦しむことが少なくなってくるのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)1月24日 ベストグループ北関東地区見聞会 ①

     皆様、おはようございます。私は衣川(大先生)という名前が体についています。この体に何の力があるのですか。この体は六大栄養素でできた体です。私も痩せ衰え、気がついたら七十一歳です。あなた方は体に力があると思っているのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)1月24日 ベストグループ北関東地区見聞会 ②

     お金の大小で人生が決まるのではないのです。私も正直に言って、人生では努力をした方ですから、お金も少しは持っています。しかし、お金で何が満足できるのですか。私はお金を頂かずに全国を回らせて頂いていますが、今の方がずっと満足しています。一円も皆さんから頂いていません。しかし、今の方がずっと満足しています。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)1月24日 ベストグループ北関東地区見聞会 ③

     私は小さい時に母の教えを聞いていますから、「この方はなんて素晴らしい方だ」と体が震えて、涙が迸(ほとばし)りました。インドの愛する偉大なる御方にお会いしてたった三日間で、「残された人生を社会や人類のお役に立たせて頂きたい。この方に人生を捧げます」と決意しました。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)3月11日 ベストグループ京滋奈地区見聞会 ①

     皆様、おはようございます。人間は生まれたらいつ死ぬか分かりません。今の若い方は、「死ぬ」ということにあまり関心がないと思います。生まれたら死なないと思っているのです。生まれたら死ぬに決まっているのです。

    続きはこちら >>